10月の居室飾り

今年の中秋の名月は、10月1日でした。

十五夜・十六夜、ともにきれいな

満月が見られました。

今月のだんらんの家の居室飾りは

『ハロウィン』と『秋色飾り』

一足早く、色づいた紅葉やドングリが玄関を

飾ります。

温かいお茶をゆっくり味わいたくなる、

そんな季節になりました。

ハロウィンは、日本のお盆のようなものだそうです。いろいろな飾りもあって、かわいいですね!
利用者様と散歩のときに公園で見つけたドングリ。「ほら、ここにも。あ、ここにも」と楽しそうに拾ってくださいました。

 

 

9月の居室飾り

今月の居室飾りのテーマは『月夜と旬の実り』

ちょっと幻想的な壁絵の景色を飾るのは、

たわわに実った『ブドウの房』

今回も利用者さまみんなで作ってくださいました。

残暑厳しく、秋の夜長を楽しむのはもう少し

先になりそうですね。

それでも、夕方の影の長さに季節の進みを実感します。

朝夕の秋の気配に耳を澄ませてみるのは

いかがでしょうか・・

 

月夜に輝く満月。そして、ススキとガマの穂も秋の景色を飾ります。月見団子のお供えも忘れていません!!

 

 

活動の様子  納涼夏祭りを開催!

8月19日、だんらんの家指扇恒例の

『納涼夏祭り』を開催しました。

会場は、だんらんの家ディルーム。

参加者は、当日の利用者様とスタッフ。

朝から、お囃子の音楽を流して、

本当に小さなお祭りでしたが、

みなさんに楽しんでいただけました。

そして・・換気、マスク着用も忘れていません。

みなさん、コロナ感染予防にご協力くださいました。

(写真撮影のために、短時間、マスクを外していただくことも

ありましたが)

「祭り」の団扇や浴衣姿がお祭り気分を倍増してくれます。ワッショイ!!
スーパーボールすくい!上手にすくえています
そ~とね!
お祭りに欠かせないのは、模擬店。チョコバナナ、おいしそう!!
輪投げも定番!!でも・・なかなか難しいです。真剣そのもので。

活動の様子  夏のある日の昼食作り

7月21日、この日は利用者様みなさんで

『昼食作り』をしました。

メニューは「冷やしぶっかけうどん・一口いなり寿司

浅漬け・みそ汁」

春に植えたキュウリやトマトを収穫して

冷やしうどんのトッピングの材料に。

みなさん、真剣そのもので調理されて

いました。

庭で育ちに育ったキュウリ!!皮がちょっと固めです
千切りキュウリを作ります。
ちょっと見ると、キュウリには見えませんね。細めの瓜?
トマトのくし形切り。形も揃って上手に切れてますね!
薄焼き卵を作ります。上手に焼けました。
茹で鶏を細く割きます。根気のいる作業です。ていねいにされてますね!!
焼きあがった薄焼き卵を千切りにします。素晴らしい包丁さばきです。
こちらもの利用者様にも千切り玉子焼きを作っていただきました。
さあ、いよいよ盛付!うどんで土台作り?

8月の居室飾り

8月1日。 関東地方の梅雨明けが

発表されました。

今年の梅雨は本当に長かったですね。

コロナ感染症の蔓延で、各地のお祭りや花火大会

などが軒並み中止となっています。

でも、だんらんの家では変わらず、大輪の打上花火が

夜空を飾っています。

夜空に輝く打ち上げ花火。 利用者様、皆さんが作成してくださいました。
玄関には、夏の青い海と花火のコラボレーション飾りが!! 夏気分真っ盛りです。
かわいい折紙の朝顔!!こちらも利用者様の共同制作です。

 

 

7月の居室飾り

令和2年の折返しの月を迎えました。

新年早々から新型コロナウィルスの影響で、

大変な毎日が続いています。

今月の居室飾りのテーマは『夏の風景』

毎日少しずつ、利用者様が貼り絵制作を

してくださいました。

そして、玄関のたなばた飾り。

一日も早く平穏な日々が訪れますように

短冊に願いを込めて・・・

『夜空に光輝く満天の星々と笹の葉飾り』短冊の一枚一枚に利用者様の願い事が書かれています。